テーマ:読書記録

みるくの読書記録・・・その61

「ハルカ・エイティ」  ・  姫野 カオルコ    文春文庫 ハルカ・エイティ楽天ブックス 文春文庫 著者:姫野カオルコ出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:560p発行年月:2008年10月 楽天市場 by ウェブリブログ 「大正に生まれ、見合い結婚で大阪に嫁ぎ、戦火をくぐり抜け、戦後の自由な時代の波に乗り・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その60

容疑者Xの献身   東野圭吾    文春文庫 容疑者Xの献身楽天ブックス 文春文庫 著者:東野圭吾出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:394p発行年月:2008年08月この 楽天市場 by ウェブリブログ 「天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その59

「食堂かたつむり」 ・ 小川 糸    ポプラ社 食堂かたつむり楽天ブックス 著者:小川糸出版社:ポプラ社サイズ:単行本ページ数:234p発行年月:2008年01月この著者の新着 楽天市場 by ウェブリブログ ある日、部屋に帰ったら、恋人とともにすべてのものがなくなっていた。 祖母が残したぬか床を残して。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その58

「生まれる森」 ・ 島本 理生        講談社文庫 生まれる森楽天ブックス 講談社文庫 著者:島本理生出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:185p発行年月:2007年05月この 楽天市場 by ウェブリブログ 「失恋で心に深い傷を負った「わたし」。夏休みの間だけ大学の友人から部屋を借りて一人暮らしをはじめるが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その57

「オン・ザ・ビーチ」 ・ 岩井 宏憲     近代文芸社 オン・ザ・ビーチ楽天ブックス 著者:岩井宏憲出版社:近代文芸社サイズ:単行本ページ数:88p発行年月:1995年07月この著者の新 楽天市場 by ウェブリブログ 表題の「オン・ザ・ビーチ」のほか、「太陽あるいはナイトライフ」・「ジュジュ」「キ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その56

「リトル・バイ・リトル」 ・ 島本 理生     講談社文庫 リトル・バイ・リトル楽天ブックス 講談社文庫 著者:島本理生出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:175p発行年月:2006年01月この 楽天市場 by ウェブリブログ 「ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。家族は、母、小学校2年生…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その55

「別れの後の静かな午後」  ・  大崎 善生      中公文庫 別れの後の静かな午後楽天ブックス 中公文庫 著者:大崎善生出版社:中央公論新社サイズ:文庫ページ数:247p発行年月:2007年09月 楽天市場 by ウェブリブログ 「それは僕に必要な静かな午後だった。風も波もない、まったく平静な宇宙空間にい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その54

「ドナウよ、静かに流れよ」 ・ 大崎 善生    文春文庫 ドナウよ、静かに流れよ楽天ブックス 文春文庫 著者:大崎善生出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:420p発行年月:2006年06月この 楽天市場 by ウェブリブログ 「ドナウ川で邦人男女が心中・・・その小さな新聞記事が頭から離れなくなった私は、二人の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その53

「夢のような幸福」 ・ 三浦 しをん    新潮文庫 夢のような幸福 (新潮文庫 み 34-6)新潮社 三浦 しをん ユーザレビュー:妄想だから面白い人に ...電車で読むのはキケン ...三浦しをんの妄想エネ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 三浦しをんさんのエッセイです。 楽しいです。 …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その52

「むかしのはなし」 ・ 三浦 しをん     幻冬舎文庫 むかしのはなし楽天ブックス 幻冬舎文庫 著者:三浦しをん出版社:幻冬舎サイズ:文庫ページ数:287p発行年月:2008年02月こ 楽天市場 by ウェブリブログ 7編の物語から成っています。 それぞれが、むかしばなしをかぶせたような形で描かれたものです。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その51

「佐藤さん」 ・ 片川 優子    講談社文庫 「僕は『佐藤さん』が怖い。ナイフを持っているわけではないし、不良でもない。ごく普通のクラスメイトの女の子を僕が怖がる理由は、彼女に憑いているアレのせいーーー。気弱な高校生の僕と、佐藤さんの不思議な関係は幽霊から始まった。(カバー裏・内容紹介より)」 佐藤さん楽天ブックス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その50

「陰日向に咲く」 ・ 劇団 ひとり 陰日向に咲く楽天ブックス 幻冬舎文庫 著者:劇団ひとり出版社:幻冬舎サイズ:文庫ページ数:221p発行年月:2008年08月こ 楽天市場 by ウェブリブログ 「ホームレスを夢見る会社員、売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その49

「本棚から猫じゃらし」 ・ 群 ようこ   新潮文庫 本棚から猫じゃらし (新潮文庫)新潮社 群 ようこ ユーザレビュー:曝け出し上手群さんの ...教科書に載ってる作家 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 「達人が名作を読めば・・・。段ボールのスカートの大阪おばさんに思いをはせ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その48

「眉山」 ・ さだ まさし   幻冬舎文庫 眉山楽天ブックス 幻冬舎文庫 著者:さだまさし出版社:幻冬舎サイズ:文庫ページ数:224p発行年月:2007年04月こ 楽天市場 by ウェブリブログ 東京で働く咲子は、故郷の徳島で一人暮らす母が末期がんで数か月の命と告知される。徳島に滞在し、母を看取ろうと決心した矢先…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その47

「The MANZAI 4」  ・  あさの あつこ   ピュアフル文庫 The manzai(4)楽天ブックス ピュアフル文庫 著者:あさのあつこ出版社:ジャイブサイズ:文庫ページ数:216p発行年月:2007年 楽天市場 by ウェブリブログ 「バッテリー」シリーズで有名なあさのあつこさんの小説です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その46

「裏庭」  ・  梨木 香歩     新潮文庫 裏庭楽天ブックス 新潮文庫 著者:梨木香歩出版社:新潮社サイズ:文庫ページ数:412p発行年月:2001年01月この著 楽天市場 by ウェブリブログ ひっさびさの読書記録です。 しかも、この本は数年前に読んだものの再読分です。 児童文学に属するものだと思います…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その45

「孤独か、それに等しいもの」 ・ 大崎 善生   角川文庫 「今日一日かけて、わたしは何を失っていくのだろうーー。高校三年の初秋、ピアスの穴を開けようとする私に、恋人がささやいた一言ーー大切なものを亡くしてしまうよ。あれから九年を経て、私は決まり切った退屈きわまりない毎日を過ごしていた・・・(「八月の傾斜」)。(カバー裏解説より)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その44

「パイロットフィッシュ」 ・ 大崎 善生   角川文庫 「人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない---。午前2時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった・・・・。記憶の湖の底から浮かび上がる彼女との日々、世話になったバーの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その43

「千日紅の恋人」 ・ 帚木 蓬生   新潮文庫 「宗像時子は父が遺した古アパート、扇荘の管理人をしている。扇荘には様々な事情を抱えた人たちが住んでおり、彼女はときに厳しく、ときには優しく、彼らと接していた。ある日、新たな入居者が現れた。その名は有馬生馬。ちょっと古風な好青年だった。二度の辛い別離を経験し、恋をあきらめていた時子は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その42

「古道具 中野商店」 ・ 川上 弘美   新潮文庫 久しぶりに川上弘美さんの本を読みました。 「東京近郊の小さな古道具屋でアルバイトをする「わたし」。ダメ男感漂う店主・中野さん。きりっと女っぷりのいい姉マサヨさん。わたしと恋仲であるようなないような、むっつり屋のタケオ。どこかあやしい常連たち・・・。(カバー裏・内容紹介より)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その41

ナラタージュ ・ 島本 理生   角川文庫 (→「ナラタージュ」) 大学二年の春、母校の演劇部顧問から電話がかかってきた。泉はときめきと同時に、卒業前のある出来事を思い出す。後輩たちの舞台に客演を頼まれた彼女は、先生への思いを再認識する。そして彼の中にも、消せない炎がまぎれもなくあることを知った泉はーーー。(カバー裏・内容紹…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その40

「葉桜の季節に君を想うということ」 ・ 歌野 晶午     文春文庫 「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たしてーーー。(カバー裏・内容紹介)」 普通に面白…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その39

「赤い長靴」 ・ 江國 香織    文春文庫 わたしの好きな作家のひとりである江國香織さんの小説。 結婚十年目の子どものいない夫婦の日常。 ・・・わたしは自分の夫がこのダンナ様のような人だったら、いやです。 わたしが出かけようとすると不機嫌になったり、わたしが話していることを全然聞いてくれなかったり、、、。 でも、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その38

「サウスバウンド(下)」  奥田 英朗   角川文庫 「元過激派の父は、どうやら国が嫌いらしい。税金など払わない、無理して学校に行く必要なんかないとかよく行っている。そんな父の考えなのか、僕たち家族は東京の家を捨てて、南の島に移住することになってしまった。行き着いた先は沖縄の西表島。案の定、父はここでも大騒動をひきおこして・・・。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その37

「サウスバウンド(上)」 ・  奥田 英朗    角川文庫 「小学校6年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても変わっているという。父が会社いんだったことはない。物心ついた頃からたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思っていたら、小学生になって級友ができ、よその家はそうでないことを知った。父は昔、過激派と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その36

「アジアンタムブルー」 ・ 大崎 善生   角川文庫 またまた大崎善生さんの小説。 「葉子を癌で失ってからというもの、僕はいつもデパートの屋上で空を見上げていたーーー。万引きを犯し、衆人の前で手酷く痛めつけられた中学の時の心の傷、高校の先輩女性との官能的な体験、不倫による心中で夫を亡くした女性との不思議な縁、ファンの心をいや…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その35

「九月の四分の一」 ・ 大崎 善生   新潮文庫 前回の読書記録34の「ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶」が女性が主人公のものだったのに対し、こちらは男性が主人公の恋愛短編集です。 中でもこの本のタイトルにもなっている「九月の四分の一」は「ドイツイエロー、・・・」の中の「キャトルセプタンブル」と同じ恋愛の物語を男性の立…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その34

「ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶」 ・ 大崎 善生   新潮文庫 文庫の新刊コーナーでタイトルに惹かれて買いました。 「あの頃、あやふやなままに分かれた彼との、木漏れ日のように暖かな記憶を決して忘れない。セピア色の密やかな調べを奏でる恋愛短編集。(新潮文庫・今月の新刊より)」 4つの恋愛短編集です。 どれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その33

「予知夢」 ・ 東野 圭吾    文春文庫 前回の「探偵ガリレオ」の第二弾。 これも同じくドラマ化された中に含まれています。 「深夜、一六歳の少女の部屋に男が侵入し、気がついたら母親が猟銃を発砲した。とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢をみたと主張。その証拠は、男が小学4年生の時に書いた作文。はたして偶然か、妄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みるくの読書記録・・・その32

「探偵ガリレオ」 ・ 東野 圭吾    文春文庫 昨年、月9でドラマになった「ガリレオ」の原作です。 ドラマもおもしろかったけど、小説も面白いです。 5章全部がドラマになってます。 少し設定等が変わっていますが。。。 「突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮かんだデスマスク、幽体離脱した少年・・・警…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more