みるくの読書記録・・・その50

「陰日向に咲く」 ・ 劇団 ひとり



陰日向に咲く
楽天ブックス
幻冬舎文庫 著者:劇団ひとり出版社:幻冬舎サイズ:文庫ページ数:221p発行年月:2008年08月こ


楽天市場 by ウェブリブログ




「ホームレスを夢見る会社員、売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差すーーー。(カバー裏・内容紹介より)」

お笑いの劇団ひとりさんの小説です。
話題になりましたよね。

以前から読みたいと思っていたのですが、ようやく文庫化されたので、買って読みました。

面白いですね。
5つの物語から成っているのですが、それぞれがみんなつながっていて。。。
ラストがよかったです。。。

この記事へのコメント

2008年09月08日 10:27
おいらも読んだよ。つながりあったよね。たぶん、作家の人じゃないから、読みやすかったんだろうね。売れないアイドルを一途に応援する青年が好きだなあ。
2008年09月08日 11:38
タイトルがいいよね。なんか内容を正直にあらわしていて。いろいろな本を読もうと思うので、いずれ読んでみたいと思います。群よう子さんの霊の本を探したけどなかったよ。でも他にもたくさん書かれているんだね。本が楽しく読めるようになって来ました。
岩通信
2008年09月08日 11:40
霊の本じゃなくて,例の本でした。「鞄に本だけつめこんで」です。間違ってうったけど、なんか笑えるね。偶然だけど。
2008年09月08日 16:55
☆けいさんへ

けいさんも読んだのですね♪
読みやすかったですよね。
ふふふ。
売れないアイドル、、、実は。。。っていうのが、面白い。

修学旅行で見つけたお笑いタレント志望のひとをまた見つけ出し、、、というのも。
そして、それがラストで。。。
2008年09月08日 16:57
☆岩通信さんへ×2

話題になりましたよね。
ようやく読みました。

群ようこさんの本は、ほんとに面白いです。
エッセイなんかも声出して笑えちゃったり。。。

ふふふ。
霊の本、っていうのが面白い間違え。
ちょうど、「霊の本」を読み終わったところだから。。。

この記事へのトラックバック